課程資訊
課程名稱
高級日語上
Advanced Japanese (1) 
開課學期
102-1 
授課對象
日本語文學系  
授課教師
朱秋而 
課號
JpnL3011 
課程識別碼
107 30501 
班次
02 
學分
全/半年
全年 
必/選修
必帶 
上課時間
星期四3,4(10:20~12:10) 
上課地點
共401 
備註
輔系雙修生須經授課教師同意
限學號雙號 且 限本系所學生(含輔系、雙修生)
總人數上限:35人 
 
課程簡介影片
 
核心能力關聯
核心能力與課程規劃關聯圖
課程大綱
為確保您我的權利,請尊重智慧財產權及不得非法影印
課程概述

1.依各類主題(政經、社會、文化、評論、文學、文化等)準備上課講義,每位同學需確實做好預習,以期課上能掌握文章字彙、語法以及內容。
2.就文章主題內容進行逐句解讀,確認學生充分理解,並針對難度較高之文法、句法作深入之分析講解。
 

課程目標
1.正確掌握日語字彙、文法、句型,充分理解文章並能深入分析內容。
2.培養對各種不同文體和領域文章之興趣與解讀能力,期加深對日本社會文化之全面理解。
 
課程要求
1.必ず漢字の発音やわからない言葉や文法を調べ予習すること。
2.問題点を発見し、解決方法を自分で考えるかクラスメートと議論して見つけ出すこと。
3.宿題を締め切りまでに提出すること。
4.欠席しないこと。3回欠席すると、出席と表現の点数が不合格になる。ご注意ください。 
預期每週課後學習時數
 
Office Hours
另約時間 備註: 原則的に学科指定のoffice hours。 
參考書目
1. 《日本語》新版(上)(下),金田一春?,金田一春彦著,岩波書店。
2. 《日本語と外国語》鈴木孝夫著,岩波書店,1990。
3. 《朝倉日本語講座》6(文法Ⅱ) 北原保雄監修,朝倉書店, 2004。
4. 《文章読本》丸谷才一著,中央公論社,1980。
5. 《井上ひさし著作集》,岩波書店,2005。
6. 《広辞苑》新村出編,第六版,岩波書店。
7. 《日本語大辞典》,第二版,小学館,2000。
8. 《朝日新聞》、《読売新聞》、《高等学校現代文》三省堂など。
 
指定閱讀
1.朝日新聞「天声人語」コラム(週に少なくとも2篇精読すること)
2.筒井康隆の公開日記ホームページ「偽文士日碌」(公表され次第読んでおくこと)
3.好きなテーマで新書や文庫本の日本語の作品を一冊読むこと。 
評量方式
(僅供參考)
 
No.
項目
百分比
說明
1. 
期中考試 
30% 
授業内容の学習成果。 
2. 
期末考試 
30% 
期末試験までの学習評価。 
3. 
作業與報告 
20% 
宿題とグループ発表の成果。 
4. 
出席與表現 
20% 
出席状況・態度と授業中での表現と貢献度。 
 
課程進度
週次
日期
單元主題
第1週
9/12  1.本教科についての概説 2.今まで学習した日本語のおさらい。3.上級日本語についての期待と抱負を述べてもらう。 
第2週
9/19  参考書の利用法と学習上の問題点を考える
日本に関する各分野の名文・名議論を選んで順番に読んでいく。 
第3週
9/26  村上春樹:領土巡る「安酒の酔いに似てる」 
第4週
10/03  リービ英雄『英語で読む万葉集』抜粋 
第5週
10/10  リービ英雄『英語で読む万葉集』抜粋 
第6週
10/17  鎌田浩毅『一生モノの勉強法』「すべての基本読む力をつける方法」1.読む力はすべての勉強の基本 
第7週
10/24  2.家賃・高熱費の次に書籍代を確保 
第8週
10/31  3.書店には思わぬ使い途がある 
第9週
11/07  期中考試(預定考試日期以上課宣布為準)
 
第10週
11/14  古書店で本を見るのも勉強の一つ
 
第11週
11/21  入門書は最低3冊買う
最初から分厚い本を選ぶな 
第12週
11/28  不得手な分野は児童書を見よ
ビジネス書は読むべきところが決まっている 
第13週
12/05  書き込みポールペンは1色でもよい
本とメモ用紙を一体化させる 
第14週
12/12  無理して本を疑う必要はない
古典は退屈だからこそ意味がある 
第15週
12/19  グループ討論と口頭発表:最近の愛読書について 
第16週
12/26  新聞は「見出し」と「出だしの5行」で十分 
第17週
1/02  雑誌は読めば読むほどいいというわけではない